「福寿草」指輪飾り付き 京都・清水より通販でお届け
トップへ戻る     講座   当店について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ

指輪のある結納 「福寿草」 5品目と目録セット


福寿草5点

【熨斗、末広、結納金、指輪、酒肴料】の5品目です。

オプションで子生婦(こんぶ)・寿留女(するめ)などを付けることもできます。
この5品目に子生婦・寿留女を追加すると、7品目になります。

他では見かけない最高級の素材(京水引、手漉き檀紙、手漉き奉書、本熨斗)を
使用して、 京都の職人が丁寧に手作りしました。

「福寿草」 指輪飾り付き 5品目と目録セット (hukuju5)

福寿草5点セット

内容

熨斗、
末広(男性用白扇・女性用金銀扇子)、
祝儀袋、水引の飾り、指輪飾り、
祝儀台(大・小)、
目録、片木

 

材料

手漉き檀紙、顔料染め赤紙、
水引、本熨斗、手漉き奉書(桃色)

 

大きさ

祝儀台・大
(熨斗・末広・指輪飾りの台):
約36cm×24.5cm 高さ7cm

祝儀台・小
(結納金・酒肴料の台):
約24cm角 高さ7cm

片木:
約23cm角 高さ3.2cm

「福寿草」 指輪飾り付き

\66,000 (税別)

代筆



■内容が違う場合は、書き換えて
下さい↓

例:熨斗壱連、末広壱対、
帯地料壱封など ※1

両家のお名前 ※2
先方様の敬称(「様」など)を
お忘れなく!

(例)新婦側:山田太郎
   新郎側:鈴木一郎


■日付(例:令和元年1月1日)※3

目録ご注文の注意点

数量

 

 

赤い毛氈(一帖)&風呂敷(四巾)のお買い得セット (FMO-14)

毛氈 万寿

素材

毛氈:毛60% レーヨン40%
風呂敷:綿

 

大きさ

毛氈(一帖):
90cm×180cm 厚さ1mm

風呂敷(四巾):130cm角

毛氈&風呂敷 お買い得セット

\5,000 (税別)

数量

 

福寿草

福寿草

帯地料 酒肴料この台には結納金と酒肴料を
置きます。

福寿草5品目

結納 台

脚の付いた台の角は、このようになっています。
丸くなった角とは違い、安っぽくありません。

この台はすべて木製で、生地のままの物を使っていますので、木目を印刷した紙を貼った台と違い、優しい質感です。

台に脚が付いているので、
簡単に飾れます。

指輪上品な羽衣の飾りに金銀水引で作った叶結びを付けて華やかにしました。

指輪指輪の箱は中央にお飾りください。

 

目録はこの片木(へぎ)に載せます。

目録は納品書のようなものです。
この片木には脚が付いていません。

家族書、親族書は、
目録の下においてください。

親族書が一番下、
親族書の上に家族書をのせます。


家族書、親族書は別売りです。

福寿草5点セット 目録

目録

目録をお書きする場合、この様な内容でございます。


これは5の場合ですが、オプションで
子生婦(こんぶ)・寿留女(するめ)などを付けることも出来ます。

この目録の見本では「帯地料」ですが、「小袖料」などにも変更出来ます。

熨斗(のし)は本熨斗です。

手作りの珍しい熨斗です。
黄色いビニールやプラスチックではありません。

熨斗

末広

 

末広は扇子のことです。

女持ちの黒塗りの金銀扇子(左)と
男持ちのモーニング扇子(右)の対です。

京扇子ですから、
結納の後はお使い下さい。

結納の目録をお書きする場合のご注意


※1
 お贈りすると その数量(例:指輪 一環)と、
お渡しする金額(例:帯地料 100万円)をお書き下さい。


※2
 結納を 渡す方・受け取る方、両方のお名前をご記入下さい。
頂く方の敬称(様、殿など)も忘れずにお書き下さい。

【お名前について】
最近では、 ご本人様同士の場合も増えてきていますが、
結納は婚約を正式なものとするものですので、お父様同士をおすすめします。
ご本人様同士のお名前ですと、大切なお嬢様の婚約ですので、
お嬢様のお父様がご気分を害されることが多いようです。

旧字のはしご高(はしご高)や旧字の崎(たつさき:右側が立に可)などを
ご記入頂くと文字化けしますので、
「はしご高」や「崎(右側が立に可)のようにお書き下さい。
(例:高野太郎(高は「はしご高」)

敬称は地方によって違いがあり、京都では、【様】を用います。
【殿】を用いる地方もあります。


※3
 目録には「令和○○年○月吉日」のようにお書きしますが、
念のため結納の日付(年月日)をお書き下さい。

目録

目録について詳しくはこちら → 目録について

 

■結納金とは?
昔は結納には花嫁衣装(着物)を贈っていました。
それが、だんだんと「このお金で花嫁衣装を買って下さい」とお金を渡すようになりました。
このお金が、結納金です。
結納金を入れる祝儀袋に「帯地料(おびじりょう)」などと書くのは、その名残なのです。
結納金のことを「先方の両親へ感謝のためのお金」と説明する人もいますが、それは本来は間違いなのです。

正式にする場合

目録、家族書、親族書をのせた片木(へぎ)は広蓋(ひろぶた)にのせ、 富久紗(ふくさ)を掛け、風呂敷に包んでご持参下さい。 >>> 持参の仕方の詳細は、こちら!

広蓋の上に片木を乗せた写真

広蓋富久紗(ふくさ)を掛けた写真
 
>> 広蓋・富久紗・風呂敷のお買い得5点セットはこちら!


簡単にする場合

簡単にするなら、広蓋(ひろぶた)を使わず、目録をのせた片木(へぎ)を風呂敷で包んでください。

広蓋を使わずに、より丁寧にするなら、富久紗(ふくさ)を掛けた片木を、風呂敷で包んで下さい。

片木は、二巾の大きさの風呂敷で包めます。
風呂敷 縮緬

結納箱と風呂敷

毛氈

風呂敷は持ち帰るの?