記念品メインの結納返し 松 京都・清水より通販でお届け
トップへ戻る     講座   当店について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ
  1. ホーム
  2. 結納返し 一覧
  3. 記念品だけの結納返し「松」3品目セット

記念品だけの結納返し 「松」3品目セット

記念品

松 飾り

のし

末広 末廣 扇子

背広などの大きい記念品や、結納返しの日に完成しない記念品などの場合に
お使いください。
記念品が時計などの箱がある場合は、ここをクリック!

記念品だけの結納返し「松」3品目セット(YUI-kaeshi-kinen-matu)

記念品

内容
熨斗、
末広(男性用白扇、女性用白扇)、
目録、祝儀台(長) 

材料
手漉き檀紙 顔料染め緑紙
京水引 本熨斗

大きさ
祝儀台(長):
約36cm×24.5cm 高さ7cm

 

デザイン:伊予水宝

「松」 3品目セット

\21,500 (税別)

代筆

■結納返しの品 ※1 
(例:時計 一個)

両家のお名前 ※2
先方様の敬称(「様」など)を
お忘れなく!

(例)新婦側:山田太郎
   新郎側:鈴木一郎


■結納の日付
(例:令和元年1月1日)※3

目録ご注文の注意点

 

数量

目録は納品書のようなものです。

右は、記念品が、「時計 一個」の場合の目録です。
「時計」を、「十慶(とけい)」と書いています。

右の写真をクリックすると拡大します。→

目録

目録 時計

記念品が2種類ある場合
(左の例だと背広と時計)は、
熨斗・末広・背広・時計の4品に
なりますので、
熨斗を書く位置を工夫して、4品を3品に見せる書き方になります。


※背広のように大きな箱は置けませんので、セットの近くに箱を置いて下さい。

毛氈(もうせん)があるなら、毛氈の上に置くと良いでしょう。

 

右の写真は、目録の上包みです。

上包みには、「寿」の字が入ります。
(目録代筆をご希望の場合)

手漉き檀紙と、手漉き奉書の二枚重ねになります。

目録
白木台
脚付きの台を使用しています。

この台は、脚を組み立てる必要はございませんので、簡単に飾って頂けます。


天然の木製ですので、
木目を印刷した紙を貼った台とは違い、
自然の温かみのある台です。

結納返し(記念品)の目録 ご注文の注意


※1
 結納返しの品について
「時計 一個」のように、結納返しの品物と その数量も書き入れて下さい。
ご希望の当て字などございましたら、そのようにお書きいたします。


※2
 結納返しを 渡す方・受け取る方、両方のお名前をご記入下さい。
受け取る方の敬称(様、殿など)も忘れずにお書き下さい。

【お名前について】
最近では、 ご本人様同士の場合も増えてきていますが、
結納は婚約を正式なものとするものですので、お父様同士をおすすめします。
ご本人様同士のお名前ですと、大切なお嬢様の婚約ですので、
お嬢様のお父様がご気分を害されることが多いようです。

旧字のはしご高(はしご高)や旧字の崎(たつさき:右側が立に可)などを
ご記入頂くと文字化けしますので、
「はしご高」や「崎(右側が立に可)のようにお書き下さい。
(例:高野太郎(高は「はしご高」)

敬称は地方によって違いがあり、京都では、【様】を用います。
【殿】を用いる地方もあります。


※3
 目録には「令和○○年○月吉日」のようにお書きしますが、
念のため結納の日付(年月日)をお書き下さい。

 

記念品が「時計 一個」の場合の
目録です。

「時計」を、
「十慶(とけい)」
と書いています。

目録について詳しくはこちら → 目録について



結納箱と風呂敷