記念品のみの結納返し 京都・清水より通販でお届け
トップへ戻る     講座   当店について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ
  1. ホーム
  2. 結納返し 一覧
  3. 目録「高砂」

目録だけの結納返し「高砂」 (片木付き)

高砂 水引飾り

高砂

熨斗(のし)・末広(扇子)が付かない、目録だけの簡単な結納返し。
背広などの大きい記念品や、返しの日に完成しない記念品などの場合に
お使い下さい。

目録には、高砂(たかさご)の飾りが付いています。
高砂は「共に白髪になるまで」と言う意味でおめでたいものです。

目録だけの一番簡単なお返しですので、両家でよく話し合い、
納得の上でお使い下さい。


目録だけの結納返し「高砂」(片木付き)
(YUI-kaeshi-mok-takasago)

高砂

内容 片木、目録、高砂の飾り

大きさ 片木:23cm角

目録だけの結納返し
「高砂」(片木付き)

\18,500 (税別)

代筆

■結納返しの品 ※1 
(例:時計 一個)

両家のお名前 ※2
先方様の敬称(「様」など)を
お忘れなく!

(例)新婦側:山田太郎
   新郎側:鈴木一郎


■日付(例:令和元年1月1日)※3

目録ご注文の注意点

 

数量

 


右の写真は、「背広 一着」の場合の目録です。

記念品が完成していない場合は、
平成○年○月吉日のように
目録を渡す日付を書きます。

腕時計の場合は「十慶(とけい)」と書きます。
ご希望の当て字などございましたら、ご注文の際にご記入下さい。

右の写真をクリックすると、
拡大します。→

目録 背広

目録

左の写真は、目録の上包みです。

上包みには、「寿」の字が入ります。
(目録代筆をご希望の場合)

手漉き檀紙と、手漉き奉書(白)の
二枚重ねになります。

目録は、片木(へぎ)という白木の台に入れています。
風呂敷に包んで持参すると丁寧です。

片木(へぎ)は、
二巾の大きさの風呂敷で包めます。

右の写真の風呂敷(二巾)は、
下で注文できます。

風呂敷 縮緬



風呂敷 縮緬(ちりめん) 二巾(68cm)   (TH-1)

紫

素材

絹100%

大きさ

68cm角
※片木(へぎ)が包める大きさです。


お中元の品物を包んだりするのに出番の多い風呂敷ですので、使い道も多いです。
正絹の上品な風呂敷です。

目録と一緒にご注文頂くと、
風呂敷のお値段がお安くなります。

 

風呂敷 縮緬 紫・二巾 
単品

\10,000 (税別)
数量

 

風呂敷 縮緬 紫・二巾
目録と一緒に注文
※風呂敷が安くなります

\9,000 (税別)
数量

※目録もご注文ください

 

結納返し(記念品)の目録 ご注文の注意


※1
 結納返しの品について
「時計 一個」のように、結納返しの品物と その数量も書き入れて下さい。
ご希望の当て字などございましたら、そのようにお書きいたします。


※2
 結納返しを 渡す方・受け取る方、両方のお名前をご記入下さい。
受け取る方の敬称(様、殿など)も忘れずにお書き下さい。

【お名前について】
最近では、 ご本人様同士の場合も増えてきていますが、
結納は婚約を正式なものとするものですので、お父様同士をおすすめします。
ご本人様同士のお名前ですと、大切なお嬢様の婚約ですので、
お嬢様のお父様がご気分を害されることが多いようです。

旧字のはしご高(はしご高)や旧字の崎(たつさき:右側が立に可)などを
ご記入頂くと文字化けしますので、
「はしご高」や「崎(右側が立に可)のようにお書き下さい。
(例:高野太郎(高は「はしご高」)

敬称は地方によって違いがあり、京都では、【様】を用います。
【殿】を用いる地方もあります。


※3
 目録には「令和○○年○月吉日」のようにお書きしますが、
念のため結納の日付(年月日)をお書き下さい。

 

記念品が「時計 一個」の場合の
目録です。

「時計」を、
「十慶(とけい)」
と書いています。

目録について詳しくはこちら → 目録について