ミニ結納「京小町」
トップへ戻る     講座   当店について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ
  1. ホーム
  2. 手渡し 一覧
  3. 「京小町」 赤・桃

「京小町」 赤・桃  

 「京小町」 赤

お食事会の席で、サッと結納!なんていうことも!

誰でもコンパクトに持ち運べる、
ミニミニサイズのとっても可愛らしい結納セットを作ってみました!!


京結納の良さはそのままに、まったくの新しい発想!
手のひらにのるミニミニサイズといえども、作りは本格的!

なんと!結納金を入れる桐箱に、すべてが収まってしまうのです。
画像でみると、まるで普通の大きさと思いこんでしまうかのような、
精巧で繊細な作りです。

顔合わせの食事会でも、省スペースで、場所を選びません。
もちろん、収納もラクラク!

そんな「京小町」、小さいながらも、
しっかり熨斗・末広・結納金・柳樽料・松魚料の5点が揃った優れもの。

また、それに合わせて松竹梅鶴亀の水引飾りも、ミニミニに作り、
見ているだけでも、大変な愛らしさ。

お色が赤とピンクの2種類がございます。

 

>>>ミニミニ結納返しこちら

 

 「京小町」  赤・桃  (mini)

ミニ結納 「京小町」 赤

ミニミニ結納 京小町 桃

内容

熨斗 末広 目録 ご祝儀袋 桐箱
中包 京水引飾り
毛氈 風呂敷

大きさ

桐箱  約21cm×14.5cm
(蓋をしめた状態の高さ約4.5cm)
毛氈 半帖(90cm×90cm)
風呂敷 2巾(70cm×70cm)

素材

毛氈:毛60%・レーヨン40%
風呂敷:ポリエステル100%

「京小町」 赤・桃

\27,000 (税別)

代筆

■お色をお選び下さい
     赤    

■内容が違う場合は、書き換えて
下さい↓

例:熨斗壱連、末広壱対、
帯地料壱封など ※1

■両家のお名前 ※1
先方様(受取り主)の敬称(「様」など)をお忘れなく!

(例)新郎側:鈴木一郎
   新婦側:山田太郎


※贈り主側に敬称は付けないで下さい

■結納の日付
(例:令和元年1月1日)※3

目録ご注文の注意点

数量

桐箱には、下から 中包み→目録→松竹梅→鶴亀(熨斗・末広)の順番に収めます

京小町 入れ方1京小町 入れ方2京小町 入れ方3京小町 入れ方4

ボールペンと比べたり、手のひらに載せれば、その大きさは一目瞭然!

お渡しする際には、ふたの上に左のように飾って頂いても良いですし、
右のようにふたをはずしても良いですね。

 「京小町」 赤   「京小町」 赤

桐箱には、お金を入れた中包みが収まるようになっています。
目録も毛筆で手書きしております。

 「京小町」 赤  「京小町」 赤 目録

桐箱の中に、すべてがすっぽり!
飾り、中包み、目録が
すべて桐箱の中に収まってしまいますので、持ち運びも簡単。

ホテルなど別室を用意しなくても、
お食事のテーブルで先方様に
お渡し頂けます。

お金を入れた場合は、きっちり、蓋は締まりませんので、
水引飾りが潰れないよう、
蓋を浮かせるなどしてください。

「京小町」 赤

毛氈(半帖サイズ)と風呂敷(2巾)もセットになっています。

毛氈は半分に折りたたんで敷いて
いただくと、 京小町にちょうどよい
大きさとなります。

風呂敷は、鮫と桜柄のリバーシブル。
後々は普段使い にもOK!

ミニ結納 「京小町」 毛氈・風呂敷

 

ミニ結納 「京小町」 赤   京小町 梅

京小町 竹   京小町 松


京小町の桃色バージョンです。

「京小町」 桃  「京小町」 桃

「京小町」 桃  「京小町」 桃

 

結納の目録をお書きする場合のご注意

※1 
帯地料、柳樽料、松魚料の金額をそれぞれお書き下さい。


※2
 
結納を 渡す方(贈り主)・受け取る方(受取り主)、両方のお名前
ご記入下さい。 受け取る方の敬称(様、殿など)も忘れずにお書き下さい。

【お名前について】
最近では、 ご本人様同士の場合も増えてきていますが、
結納は婚約を正式なものとするものですので、お父様同士をおすすめします。
ご本人様同士のお名前ですと、大切なお嬢様の婚約ですので、
お嬢様のお父様がご気分を害されることが多いようです。

旧字のはしご高(はしご高)や旧字の崎(たつさき:右側が立に可)などを
ご記入頂くと文字化けしますので、
「はしご高」や「崎(右側が立に可)のようにお書き下さい。
(例:高野太郎(高は「はしご高」)

敬称は地方によって違いがあり、京都では、【様】を用います。
【殿】を用いる地方もあります。


※3
 
目録には「令和○○年○月吉日」のようにお書きしますが、
念のため結納の日付(年月日)をお書き下さい。

5点 目録

目録について詳しくはこちら → 目録について